大佛次郎賞受賞記念講演会 平山周吉「小津安二郎と原節子の〝絆〟」

大佛次郎賞受賞記念講演会

チケット

開催終了

平山周吉(写真提供 朝日新聞社)
平山周吉(写真提供 朝日新聞社)
小説、ノンフィクション、歴史記述など幅広い分野で活躍した作家・大佛次郎氏は、朝日新聞紙上に「天皇の世紀」を連載中 に死去。その業績をたたえて、1973年に創設された「大佛次郎賞」は、形式を問わず優れた散文作品に贈られます。2023年の第50回大佛次郎賞は、平山周吉『小津安二郎』に決定しました。受賞を記念し、平山周吉による大佛次郎賞受賞記念講演会を開催します。 【メッセージ】「晩春」「麦秋」「東京物語」などで小津映画のヒロインとなった原節子は、なぜ小津映画で圧倒的に輝いていたのだろうか。主演女優と監督、妙齢の女と男、そうした側面だけでは語り切れない、特別な関係性が二人にはあった。画面の上では一切語られることなく、しかし、映画の余韻としていつまでも残る微妙きわまる感情。原節子演じる「紀子」には、何かが宿っていた。それは昭和二十年代の日本人全体にとって大事なものだったのではないか。【平山周吉・プロフィール】 1952年、東京都生まれ。慶応義塾大学文学部国文科卒。雑文家。 文藝春秋社で雑誌、書籍の編集に長年携わる。 『江藤淳は甦える』で小林秀雄賞、『満洲国グランドホテル』で司馬遼太郎賞。著書はほかに『昭和天皇「よもの海」の謎』『戦争画リターンズ――藤田嗣治とアッツ島の花々』『昭和史百冊』。
開港記念会館地図アクセス

イベント概要

開催期間
時間
14時開演(13時30分開場) 終演予定15時40分頃予定
会場
横浜市開港記念会館 講堂
会場住所
〒231-0005 横浜市中区本町1丁目6番地
観覧料
全席自由900円 ※チケットのご提示で大佛次郎記念館に1回入館できます。(ご購入後2024/08/18(日)まで有効) ※未就学児のご入場はご遠慮ください。
関連資料
共催
大佛次郎記念館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
共催
朝日新聞社
後援
横浜市中区役所
イベント参加申込

チケットぴあでの販売 (期間:3月25日(月)10:00~6月1日(土)23:59) 
大佛次郎記念館 窓口での販売(10:00-16:30 3月19日(火)~6月1日(土))

申込締切

2024年6月1日(土)

関連展示・イベント

関連ブログ

一覧ページへ戻る
上矢印