大佛次郎生誕120年記念講演会Ⅱ『物語作者大佛次郎』

チケット

開催終了

撮影:今井卓
撮影:今井卓
大佛次郎生誕120年記念講演会Ⅱを講師に辻原登氏をお招きして、10月9日(月・祝)に神奈川近代文学館で開催いたします。【講師】辻原 登(作家・神奈川近代文学館館長) HistoryはHis-Story。彼・彼女の物語。彼(彼女)とは誰か。それは神(神々)であり、民族、国家であり、英雄(オデュッセウス、アレキサンダー、イエス、釈迦、ヤマトタケル、光源氏)であり、また「時代」そのものである。『鞍馬天狗』から『天皇の世紀』へ。「フィクションの大家が、遂に到達したリアリズムの興趣」(小林秀雄)『天皇の世紀』。しかし、『鞍馬天狗』も『天皇の世紀』もHis-Story、History、つまり物語である。「彼」は、幕末から明治にかけての「時代」そのものである。情報はたちまち古び、物語は古びない。そのことを話したい。(講師・辻原登) 〇当講演会にご出席の方は、10月9日に限り、神奈川近代文学館の観覧料が無料になります。〇10月9日は、大佛次郎120回目の誕生日につき、どなたでも大佛次郎記念館の観覧料は無料です。

 

 

 

 

イベント概要

開催期間
時間
14:00開演 15:00終演予定 (13:30開場)
会場
神奈川近代文学館展示ホール
会場住所
〒231-0862 横浜市中区山手町110
観覧料
1,000円(全席自由・税込)     ※神奈川近代文学館友の会会員は800円(神奈川近代文学館にてお求めください)   ※未就学児の入場はご遠慮ください。
一覧ページへ戻る
上矢印