ポール・ルヌアール没後100年 大佛次郎版画コレクション ー小さきものへのまなざし

要入館料

開催予定

ポール・ルヌアール版画より [雛鳥とその母親]
ポール・ルヌアール(Paul Renouard 1845-1924)は、19世紀末から20世紀初頭にかけて活躍したフランスの画家・版画家です。当館では、大佛次郎の旧蔵資料としてポール・ルヌアールの2種類の版画集所収の作品約300点を所蔵しています。東京国立博物館所蔵の林忠正旧蔵品とともに国内屈指のもので、大変貴重なコレクションです。 本展では、ルヌアールの集大成ともいえる版画集『動き、身振り、表情』(Mouvements, gestes et expressions, 1907)より、19世紀末ロンドンの華やかなクリスマス・パフォーマンスの舞台裏を取材した「ドルリー・レーン劇場の子ども達」や、パリのブローニュの森の動植物園に取材した多種多様な動物たちまで、小さな子どもや自然を見つめ、その一瞬をとらえた版画作品約40点を紹介します。

展示概要

開催期間
開館時間
10時〜17時30分(最終入館17時00分)

【前期】4/20(土)~6/23(日)【後期】6/25(火)~8/18(日)
会場
大佛次郎記念館 2Fギャラリー
会場住所
〒231-0862 横浜市中区山手町113
観覧料
一般200円(団体150円)、中学生以下無料
一覧ページへ戻る
上矢印